児童福祉司 一貫田逸子 身代りにされた子供◆代理によるミュンヒハウゼン症候群◆に出てくる、ミュンヒハウゼン症候群とはどんな病気なのでしょうか?

英語でMuechausen syndromeという綴りです。この病名はアッシャーという学者さんがほら吹き男爵(ミュンヒハウゼン)に因んでつけられたようです。いわゆる嘘つき病ですね。

でもミュンヒハウゼン症候群は、なんなかの症状がでるまで薬や自傷などではっきり症状がでるまで傷つけるのです。児童福祉司 一貫田逸子では、代理による・・・となっているので、子供になんらの症状がでるまで薬等で傷つけてしまいます。

いわゆる児童虐待ですね。

一般的に知られていないこの病気。精神病の一種のようです。親には適切な治療が必要で、子供は児童福祉施設に預けられるようです。


児童福祉司 一貫田逸子 ネタバレまとめページへ戻る