この「ドメスティック」という漫画を読んでみての感想は、暗くて重い内容だな・・・。という感じです。
読んでいてだんだん辛くなってきますが、でも読まずにはいられない。そんな内容です。
私の場合、一旦読み始めたら止まらなくなって、一気に読み終えてしまいました。
「ドメスティック」という題名ですが、内容的には「ドメスティック バイオレンス」についての漫画でした。
この作家さんは他にも色々描いていて、どれもドロドロしていてでもそこにハマってしまう。という感じの作品が多いです。
しかし、この「ドメスティック」はこの作家さんにしては比較的あっさりしているかな?という感想を持ちました。
まあでも十分ドロドロしていますけどね。
なので、少し重いテーマのハラハラする漫画を読んでみたい方には大変お勧めです。
この作家さんの入門編としても良い作品かもしれません。
もっと刺激が欲しい場合は他にも色々ありますので、この漫画は良い指標になると思います。


 カテゴリ

 タグ