この漫画は、読んでいるうちに思いもしない方向に話が進んでいくので、「え?あれれ?」という感想を持ちました。主人公の男の子と全く同じ気持ちになってしまいました。外面が良いにも程がある。なるほど、そういうことだったのか、と感心しました。

外面にもいろいろ種類があるもので、はじめは男の子に反感を持っていたのです。イケメンでこういう人っていそうだな、自分勝手で自己中心で女の子を自分の都合よく扱って、はっきり言って嫌いだなタイプの人と思っていました。


しかしこの漫画では男の子に直接仕返しするのではなくて、ヒロインが仕返しする相手は同性でした。その手管を知った男の子は驚き、同時に怖くなったと思います。外面が良く、内面が最悪だと自己嫌悪に陥っていたのですが、もっと内面の怖い人がいたのですから。私の感想は一言、現実に居そうだし、いたらそばにいたくないな、です。
甘い切ないだけでなく、全く一筋縄では終わらないラブストーリーでした。

 カテゴリ

 タグ