So-net無料ブログ作成
検索選択

ネタバレのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:ネタバレ

ネタバレのカテゴリ記事一覧。児童福祉司 一貫田逸子 ネタバレと感想サイトです。グロいシーンや禁断シーンなどありヤバ目なので気をつけてください。拙い感想ですが読んでいただけるとうれしいです。

ネタバレ
この漫画を読んだ時、はじめに持った感想は、懐かしいという気持ちでした。女子校に通っていた私は、主人公のヒロインと同じ年頃のころ、同じように一回り以上年上の人が好..

記事を読む

ネタバレ
全身脱毛といえばC3が今一番人気のようです。脆弱な身体部位のレーザー脱毛は、我慢できないほど痛いものなのです。VIO脱毛をしたいのなら、極力痛みがあまりない脱毛..

記事を読む

ネタバレ
この「ドメスティック」という漫画を読んでみての感想は、暗くて重い内容だな・・・。という感じです。読んでいてだんだん辛くなってきますが、でも読まずにはいられない。..

記事を読む

ネタバレ
児童福祉司「一貫田逸子」のさかたのり子のwikiを探してみました。ウィキペディアでさかたのり子を検索するとたったの2件しか検索にかかりません。wikiの検索結果..

記事を読む

ネタバレ
児童福祉司 一貫田逸子 生贄の子◆心理的虐待◆の感想です。このエピソードでは、生贄になる子供が家庭にいることによってバランスが保たれている普通の家庭が出てきます..

記事を読む

ネタバレ
児童福祉司 一貫田逸子 沈黙の子◆性的虐待◆の感想です。一般的にドラマのネタとしてよく取り扱われる内容ですが、実際はかなり本人にとっては過酷です。そんな内容が、..

記事を読む

ネタバレ
児童福祉司 一貫田逸子 身代りにされた子供◆代理によるミュンヒハウゼン症候群◆の感想です。参考:ミュンヒハウゼン症候群とは? 身代りにされた子供◆代理によるミュ..

記事を読む

ネタバレ
長崎県佐世保市 高校1年の女性が同級生を殺害していた件の記事が新聞にでていました。この長崎県佐世保市高1同級生殺害事件において、精神科医が少女が誰かを殺害する可..

記事を読む

ネタバレ
児童福祉司 一貫田逸子 の約束◆虐待の再発◆のあらすじと感想です。約束◆虐待の再発◆のあらすじ保健師の河原町と、児童福祉司である一貫田逸子が絡むエピソードです。..

記事を読む

ネタバレ
かくされた子供◆虐待の通告◆のあらすじと感想です。ここ2~3週間のうちに、児童虐待のニュースが立て続けに起こりました。・葛飾2歳女児虐待死・大阪・長男虐待・生後..

記事を読む

恋は雨上がりのようにを読んだ感想

この漫画を読んだ時、はじめに持った感想は、懐かしいという気持ちでした。女子校に通っていた私は、主人公のヒロインと同じ年頃のころ、同じように一回り以上年上の人が好きだったのです。周りから、なんであんなおじさんがいいのかと不思議がられました。


でも、理屈ではないのです。このヒロインだって、なぜ店長がいいのかと聞かれれば、はっきりとした答えは出ないのかもしれません。かわいいと思ってみたり、甘えてみたくなったり、自分にはない男くささが魅力なのかもしれません。


この題名は雨上がりのまぶしい空を思い描いてつけられたのかしら、と思います。雨上がりも恋も突然やってきて、その後はとてもまぶしいです。まさに「恋は雨上がりのように」です。


私の恋は気持を相手に伝えないまま消えてしまいましたが、漫画の二人にはお互いの気持ちを伝えあってほしいです。誰にだって、誰とだって恋することは可能です。そんな感想を持った漫画でした。

女性のたしなみVIO|エステサロンに行ってワキ脱毛をしようと思ったら…。

全身脱毛といえばC3が今一番人気のようです。



脆弱な身体部位のレーザー脱毛は、我慢できないほど痛いものなのです。VIO脱毛をしたいのなら、極力痛みがあまりない脱毛サロンにて脱毛する方が、途中で観念することもないでしょう。
TBCが設定している「両ワキ脱毛通い放題プラン」は、追加費用がなしで何度も脱毛もできます。これ以外だと顔であるとかVラインなどを、セットで脱毛するプランも用意がございますから、貴方の希望に合うプランも探せますよ。
TBCは当然として、エピレにも追加料金を取られることなくこの先もワキ脱毛して貰えるプランがあると聞きます。別途「Vライン+両ワキ通い放題プラン」も準備していて、これを選ぶ人が初期の予想以上に増加しているとのことです。
従来は脱毛するとなると、ワキ脱毛から始める方が過半数を占めていましたが、ここ数年最初から全身脱毛を依頼する方が、かなり増加しました。
VIO脱毛サロンを選定する時に難しい部分は、各自で求める脱毛プランはバラバラだということですね。VIO脱毛と言いますが、ハッキリ言って全ての人が同じコースに入ればいいなんていうことはありません。

やり始めるタイミングは、ワキ脱毛を終了したい日の1年前、様々な関係で遅くなったとしても、半年前までには開始することが望ましいと考えます。
それぞれが希望しているVIO脱毛をしっかりと話し、過剰な施術費を収めることなく、人一倍首尾良く脱毛していくように!納得の脱毛サロンを選択してくださいね。
毛穴の広がりが心配な女の方にとっては、顔脱毛はありがたい結果に繋がります。脱毛することによりムダ毛が抜き取られることから、毛穴そのものが次第に小さくなってくることがわかっています。
VIOを除いた部位を脱毛する際は、エステで行なわれるフラッシュ脱毛でも問題ありませんから良いのですが、VIO脱毛に関しては、違った方法を採用しないとうまく行きません。
ワキを整えておかないと、オシャレも思い切りできません。ワキ脱毛はエステなどに足を運んで、エキスパートにやってもらうのが通常になっているそうです。

エステに行くことを思えば割安で、時間も自由で、尚且つ何の心配もなく脱毛することが可能ですので、どうか自宅向けフラッシュ式脱毛器を利用してみてください。
敏感肌限定の脱毛クリームの素晴らしいところは、とにかくコスパと安全性、並びに効果がずっと続くことだと言えます。はっきり言って、脱毛と剃毛両方の働きをするというような印象があります。
エステや美容外科などが所有している脱毛器を比較すると、出力パワーが大幅に相違しています。手短にムダ毛をなくしたいなら、クリニックでの永久脱毛が確実だと言えます。
脱毛する箇所により、フィットする脱毛方法は異なってしかるべきです。手始めに諸々ある脱毛方法と、その作用の違いを頭に入れて、各々に相応しい脱毛方法を探し出していただければと感じます。
エステサロンに行ってワキ脱毛をしようと思ったら、原則的に二十歳に到達するまで待つことになるのですが、その年齢未満でもワキ脱毛を実施するサロンなども存在しています。



MUTEKI ANRI What a day!! 坂口杏里

漫画ドメスティックを読んだ感想

この「ドメスティック」という漫画を読んでみての感想は、暗くて重い内容だな・・・。という感じです。
読んでいてだんだん辛くなってきますが、でも読まずにはいられない。そんな内容です。
私の場合、一旦読み始めたら止まらなくなって、一気に読み終えてしまいました。
「ドメスティック」という題名ですが、内容的には「ドメスティック バイオレンス」についての漫画でした。
この作家さんは他にも色々描いていて、どれもドロドロしていてでもそこにハマってしまう。という感じの作品が多いです。
しかし、この「ドメスティック」はこの作家さんにしては比較的あっさりしているかな?という感想を持ちました。
まあでも十分ドロドロしていますけどね。
なので、少し重いテーマのハラハラする漫画を読んでみたい方には大変お勧めです。
この作家さんの入門編としても良い作品かもしれません。
もっと刺激が欲しい場合は他にも色々ありますので、この漫画は良い指標になると思います。


さかたのり子 公式サイトはこちら

児童福祉司「一貫田逸子」のさかたのり子のwikiを探してみました。

ウィキペディアでさかたのり子を検索するとたったの2件しか検索にかかりません。

wikiの検索結果

ママはバレリーナ
立花 恵 ‐ 伊藤雅子 星影 ひかる - 夏樹陽子 佐々錦 勝子 - 大島蓉子 江頭 千賀子 - 中川安奈 三浦 都 - 中尾ミエ 原作 - さかたのり子「プリマでいこう!」(双葉社Jourコミックス) 脚本 - 福田卓郎、末安正子 音楽 - 大島ミチル 監督 - 鶴巻日出雄、相沢淳、坂梨公紀 プロデューサー
3キロバイト (479 語) - 2015年2月18日 (水) 18:24

2006年テレビ (日本)
出演:堀北真希、塚本高史、片瀬那奈、デビット伊東、大友みなみ、奈津子、亜希子他 愛の劇場 ママはバレリーナ(放送日:2005年12月19日-2006年2月3日) 原作:さかたのり子 脚本:福田卓郎、末安正子 出演:床嶋佳子、山崎銀之丞、久保結季、高橋晃、唐橋充、樹陽子、中尾ミエ他 病院へ行こう!(放送日:2006年2月6日-2006年3月24日)

今もって、さかたのり子さんがどんな人物なのか伺う知ることができませんでした。


でもとうとう見つけました!!
さかたのり子さんの公式サイトはこちら


さかたのり子さんのイラストが見れます。

なんだか新鮮ですね♪


一貫田逸子まとめへ戻る


児童福祉司 一貫田逸子 生贄の子◆心理的虐待◆

児童福祉司 一貫田逸子 生贄の子◆心理的虐待◆の感想です。このエピソードでは、生贄になる子供が家庭にいることによってバランスが保たれている普通の家庭が出てきます。ここまでひどくはないけれども、意外と似たような家庭があるのではないでしょうか?


児童福祉司 一貫田逸子 生贄の子◆心理的虐待◆あらすじ


この生贄の子では、2つのエピソードが絡みあって進行します。
・ゆいちゃんのエピソード
・遠山心理判定員とその友人磯村のエピソード

ゆいちゃんのエピソード
ねーなんか変な臭しない。残飯みたいなご飯を食べている?!。

青葉の児童相談所の心理判定員遠山。今回の今回の主人公は遠山といってもいいかもしれません。

ある日、児童相談上に杉本ゆいちゃん13歳中学校1年生が相談に来た。親が行けと言われたから来たみたいなんです。

虐待の通告があったのは1週間前でした通告してきたのは中学校の先生です。うちの学校では月に1度お弁当の日があるんですけれど杉本さんのお弁当が変なんです。見た生徒によると変なにおいがしてどう見ても残飯としか見えないお昼ご飯をもって来てきたとのこと。

そこで遠山はゆいちゃんに絵をかかせてみました。その絵は、暗く顔の表情がないのっぺらぼうの絵でした。

また両親にも面接を行ってみましたがお母さんさんは少しヒステリックな感じで、お父さんは少し気弱な感じが見えます。

遠山は、ゆいちゃんの自画像は13歳にしては知的に少し低い気がすると会議でみんなに説明しました。遠山の診断では性格的には内向的で軽いうつ症状も見られるとのこと。結果として精神的にかなりダメージを受けていると判断しました。児童相談所のメンバーは保護すべしだと言う意見が多数を占めていましたが教育長指導部指導課の轟は、ネグレストではないんじゃないかと否定的。

でも小児科医の亜鳥先生は身体的に問題がないからといって精神的にダメージを受けている場合は心理的虐待に当たりますと。でも轟は親戚ダメージっていったってそれが大きいのかどうかなんて本当に分かるのかあくまで心理判定の印象でとりつく間もない。

遠山は顔のない愛を描く子は秘密を隠している可能性があるという。

相変わらずゆいちゃんの家では母親が残みたいなご飯しか与えていませんそれをこっそり盗み見ている父親。結局は父が妻から鬱憤を言われるのが嫌でゆいちゃんがその犠牲になっていたのでした。

その家族にとっては唯ちゃんが犠牲になることによってバランスが取られている家庭だったのです。ゆいちゃんは父親と母親から長期にわたり心理的虐待を受けていました。

その原因は後日母親から聞いたとこによると2番目の子供ができたときがきっかけでした。ゆいちゃんをおばに預けていたのでしたが、帰ってきたゆいちゃんがおばになついて、自分の子じゃないような気がしてだんだん憎らしくなっていたからだったそうです。気の毒なゆいちゃん。父親がしっかりしていれば、妻を叱ることができたのにと思わざるを得ませんでした。

遠山の友人磯村のエピソードですが、遠山に同僚の磯村から電話があり飲もうと言う話になります。磯村は子供のために寄付をするにはどうしたらいいんだと遠山に聞きます。磯村は大学の同期で一流企業に就職人事部長になったエリート。東山はなぜ磯村がそんなことを言い出したのか少し気になる。後日、遠山から磯村から依頼されていた福祉団体をリストアップした資料を渡して、好きなとこに寄付すればいいよというふうに言います。

遠山は磯村の顔が少し悪いような気がして気になります。さらに後日磯村は人を1人殺したと東山に告白。いじめられていたのを見ぬふりをして間接的に殺したようなものといい、後悔の念をもっているようでした。今寄付をするのはその時の償いのため。

そんなある日東山の友人の磯村が自殺で死亡しました。なんでも政治献金の責任をとって詰め腹をしたみたいなんです。。結局磯村は、誰かの生贄になったのです。

二人の生贄。社会は、誰かが生贄になるのを望んでいるのでしょうか?

後日談で救われるエピソードがあります。
ゆいちゃんを面接した遠山は、ゆいちゃんに絵を書いてもらいます。もちろん心理状態を判定するためです。その絵を見て、遠山は号泣。

その絵には、遠山が笑っている顔が描かれていたのです。なんともいえない清涼感が包まれた瞬間でした。


児童福祉司 一貫田逸子 ネタバレまとめページへ戻る




こちらも合わせて読みたい
【一般】タブーを犯した女達~鬼畜~



児童福祉司 一貫田逸子 沈黙の子◆性的虐待◆

児童福祉司 一貫田逸子 沈黙の子◆性的虐待◆の感想です。一般的にドラマのネタとしてよく取り扱われる内容ですが、実際はかなり本人にとっては過酷です。そんな内容が、今回のエピソードです。近親姦や認知されない子供など辛い内容が多いので、耐性のない方は注意してください。

児童福祉司 一貫田逸子 沈黙の子◆性的虐待◆のあらすじ


児童福祉司 一貫田逸子が訪問した家は佐伯という立派な家で、佐伯の父は、私部品製造会社の社長で40歳。その妻洋子は35歳。

そんな裕福な家庭に児童相談所がなぜ訪問したかと言うとさくら病院の婦人科の医師から通告があったからです。

佐伯の娘愛美がトリコモナス感染症にかかっていて外陰部裂傷があり明らかに6歳では不釣り合いな性交渉が日常的に行われている可能性があると思われるとの通告でした。

母親も少しビクビクした感じで症状の説明も辻褄が合っていません。産婦人科医は、父親による性的虐待が無いかと疑っているようでした。

一貫田逸子笑は、父親が近親相姦を行ってのではないかと疑いました。父親は当然完全否定します。

父は、娘の愛美にも直接聞いてみたりもをしますがやはりして否定的。こういうとき子供は、無意識に親をかばい本当の事はいいません。

一貫田逸子は、緊急に愛美を保護すべきと提案します。他の相談員も性的虐待の6割が父親によるものが一般的みたいです。

とすると4割が母親もしくはその兄弟からなんでしょうか?

一貫田逸子は愛美を保護するために佐伯の家に行きますが父親はそれを拒否。困り果てたる児童相談所の面々。

ふと佐伯の家には下宿人が1人いることに気がつく。実は彼は佐伯の認知していない子供でした。彼の名前を柊といい、父親の罪を被り、愛美を犯したのは自分だと名乗りでるのです。

そこは児童相談所のスペシャリストたちがすぐそれは嘘だと見抜きます。ほどなくして佐伯は引っ越しをすることになり、あおば野児童相談所は他県に移動すると踏み込めないと慌てます。

そんなとき、愛美がいなくなりみんなで探すと山小屋で柊と愛美を発見。一貫田逸子は、柊に実情を聞き出しやっと事実が判明できるようになりました。

柊は父親に認知してもらいたい一心だったのですが、妹の虐待をやはり見過ごすことができなかったのです。

父親から認知してもらえない子供と性的虐待されたいた子供。2重で辛いエピソードとなりました。この佐伯という男がクズなのとその夫に何も言えない母が、今回の悲劇を招いたのでした。


児童福祉司 一貫田逸子 ネタバレまとめページへ戻る



こちらも合わせて読みたい
【一般】タブーを犯した女達~鬼畜~




児童福祉司 一貫田逸子 身代りにされた子供◆代理によるミュンヒハウゼン症候群◆

児童福祉司 一貫田逸子 身代りにされた子供◆代理によるミュンヒハウゼン症候群◆の感想です。

参考:ミュンヒハウゼン症候群とは?

身代りにされた子供◆代理によるミュンヒハウゼン症候群◆のあらすじ


6歳の真美ちゃんとその母親吉乃32歳が今回の主人公です。ある日、一貫田逸子が勤務している児童相談所に一通の電話が入ります。あおば総合病院に入院している子供に児童虐待の疑いがありと。

そこで一貫田逸子が入院して潜入調査することになるわけです。

ほどなくして吉乃と知り合いになり、真美ちゃんの症状を聞くと尿に異常があり、入院が長引いているみたいなのです。受付に真美ちゃんの父親が来ていたので、吉乃の背景を聞くと、なんでも以前はバリバリのキャリアウーマンだったみたいなのです。無理に家庭に入ってもらったことを気にかけていたようでした。

今日も真美ちゃんの尿から異常な血液が検出され、検査されることに。

その検査は・・・なんと腹の上から直接針を挿して膀胱を検査するというもの。嫌がる真美ちゃん。当然スタッフも以前からさまざまな痛い検査ばかり受けさせていることに気がすすまないようです。

それでも原因不明。

病室の老女は、あの吉乃っいう女気に食わないといいます。なんだか自分をいい母に見られたいみたいと。

考えこむ一貫田逸子。

児童相談所のメンバーも見舞いにきて、事情を聞くと小児科医の亜鳥が、代理によるミュンヒハウゼン症候群じゃないかと言い出す。

一貫田逸子は、その線で調べるのですがすぐバレてしまって強制退院させられてしまいます。でも真美ちゃんの担当の堤先生が、通告したのは自分だと告げるのです。

なんだか母親に採尿を頼んだ時におかしいと。

結局、母親の吉乃が採尿の際に、血液を混ぜていたのが原因だったのです。

吉乃は、キャリアウーマンを捨て、女の居場所を探していたために虚偽の病気を娘に作り出していたのでした。かわいそうなのは真美ちゃん。でも今回やっと発覚して母親に戻れるような気がしました。

そして旦那さんも吉乃に無理に家庭に入ってもらったことを考えながら、今後は吉乃にすこしでも自分の居場所がある仕事をしながら継続していける家庭をつくっていくのではないでしょうか?


児童福祉司 一貫田逸子 ネタバレまとめページへ戻る




こちらも合わせて読みたい

【一般】タブーを犯した女達~鬼畜~




児童相談所内部のパワハラで遅れる対応 長崎県佐世保市高1同級生殺害事件

長崎佐世保市 高校1年の女性が同級生を殺害していた件の記事が新聞にでていました。

この長崎県佐世保市高1同級生殺害事件において、精神科医が少女が誰かを殺害する可能性が高いと診断していたにもかかわらず、通報を放置していたとして問題になりました。

新聞によると児童相談所内部でパワハラがあり、幹部が職員に対して威圧的態度をとったり、仕事を丸投げしたりという事実があったようです。

その結果、なにも関係のない同級生が殺害されてしまっています。

同じエピソードが、児童福祉司 一貫田逸子の約束◆虐待の再発◆のあらすじでも語られていることにびっくりしました。

参考:約束◆虐待の再発◆のあらすじ

約束◆虐待の再発◆のあらすじでは、教育庁のキャリアが、職員にたいして威圧的態度をとり、やめれたら?という態度を取ります。

漫画でもあるくらいなので、どこの児童相談所でも日常化している可能性が非常に高いと感じました。

現場では、児童のことを考えて必死に働いている職員がいるのに・・・

早くドラマ化して問題を取り上げてもらったらいいと思います。

児童福祉司 一貫田逸子 ネタバレまとめページへ戻る


児童福祉司 一貫田逸子 約束◆虐待の再発◆のあらすじと感想

児童福祉司 一貫田逸子 の約束◆虐待の再発◆のあらすじと感想です。



約束◆虐待の再発◆のあらすじ



保健師の河原町と、児童福祉司である一貫田逸子が絡むエピソードです。

題名にもあるように、児童虐待は、再発しやすいのが特徴。まるで麻薬中毒の再犯率と同じような感じです。

そのため、児童相談所が定期的に再発していないかチェックするわけです。

登与江と美里ちゃんを訪問した河原町と一貫田。登与江とその付き合っていた男二人で2年前、美里ちゃんに虐待をしていたのでした。その後、美里ちゃんは保護され、登与江は男と別れたのでした。


登与江の味方役は、保健師の河原町さん。一貫田は、質問責めする嫌な役なんです。そうして二人で役割を演じて、虐待者であった者から情報を引き出してチェックするわけなんです。


今回の訪問では、登与江は虐待を繰り返していないように見えました。

児童相談所の会議のメンバーでも引き続き、監視した方がいいという意見に。それだけ虐待って再発しやすんですね。


ある日、再び登与江を訪れると美里ちゃんの膝にアザがあるのを一貫田が見つける。詰問する一貫田に対して、河原町は上手に登与江をフォロー。

でも・・・

その後、登与江への訪問のアポが取れなくなります。一貫田は、もしや虐待が再発しているのではといぶかしみます。でも河原町は、登与江を信じるあまり大丈夫だと言い切るのですが・・・

現実は、甘くありませんでした。

実は、前別れた男がムショから出所してまた登与江とヨリを戻し美里ちゃんに虐待を繰り返していたんです。

美里ちゃんの味方は、母親の登与江しかありません。でも登与江は、男にすがりたいばかりに、見て見ぬフリをします。これは小夜ちゃんのパンのエピソードでもありました。


ある日河原町が青い顔をして、一貫田に登与江と連絡が取れないと言ってきます。まさか・・・?こっそり引っ越したのか・・・。

アパートに行ってみるとやはり引っ越しした後でした。

他県に行ってしまうと、管轄が違うのでこの件については手出しができません。河原町は裏切られたショックと、美里ちゃんの身を心配して進退まで考えます。


もうだめかも・・・

そんなとき、登与江から電話があり居場所がわかります。

みんなで駆けつけてみると、虐待を受けてぐったりしている美里ちゃんの姿が・・・。

登与江は、男と別れて母娘とやっていくことを決めたようです。

でも虐待は、再発しやすいのであおば児童相談所では引き続き、登与江と美里ちゃんを監視していくことになりました。


こんな事例が山ほどあるので、児童相談所はずっとフォローしていかないので大変だな~と思います。

児童相談所でも、保健師と児童福祉司、そして医師などそれぞれ立場が違うというのがよく分かる回でした。児童相談所の皆さんがこの瞬間も、がんばっているんだろうなと思ったら胸がとても熱くなりました。


児童福祉司 一貫田逸子 ネタバレまとめページへ戻る



児童福祉司 一貫田逸子 かくされた子供◆虐待の通告◆のあらすじと感想

かくされた子供◆虐待の通告◆のあらすじと感想です。

ここ2~3週間のうちに、児童虐待のニュースが立て続けに起こりました。
葛飾2歳女児虐待死

大阪・長男虐待

・生後1カ月児に暴行

虐待を知ったらまずは、児童相談所へ電話してみることです。

かくされた子供◆虐待の通告のあらすじ



2000年に制定された児童虐待防止法は、児童虐待を発見した場合は、児童相談所に通告(通報)しないといけないとなりました

参考記事:児童虐待とはどんな行為を指すのか?


ある日、あおば野児童相談所に一本の通告がある。となりの家の子供が1日中ないているとのこと。

つまり児童虐待を行っているのではないかということなんです。児童福祉司 一貫田逸子は、虐待の疑いのある真理子を訪れます。

真理子の子供の遼太ちゃんはいたって普通に見えて、とても虐待をしているふうには見えない。ジュン民基本台帳を見ても3人家族で問題はなさそう。

そんなとき、通告者の久世が、あおば野児童相談所に怒鳴りこんできた。

真理子に通告したことをバラしたのではないか?

気になって、再び真理子を訪れるも不審な点は見当たらない。


だか隣人の久世には、隣から子供の鳴き声が聞こえてくる。

3人ででかけても子供の声・・・・?久世はやはり不審に思う。

一方、一貫田逸子は真理子夫婦を内偵するが不審な点が見当たらない。でもなに小夜と同じにおいがすることが気がかり。


きっとなにかある!


虐待は隠されている。


久世は、隣人の真理子からたびたび嫌がらせを受け、このアパートを出る決意をする。でも隣の声が気になり、テラス越しに覗くと、押入れのダンボールの中に痩せこけた幼児の姿を発見。


すぐ一貫田逸子に連絡し、子供は保護されることになりました。

実はこの子供。出生届けが出されておらず、真理子の前の旦那の子供だったのだです。でも出産前に別れてしまって出生届けを出さずに、放置していたのです。

そこへ今の男の子供が生まれて、余計にお荷物なった子供。


久世の通告のおかげで1人の命が救われたエピソードでした。でもこのやせ細った子供が、今後普通に育つのでしょうか?いらない子として生まれた子供の今後の運命を考えるとやるせない気持になったのはいうまでもありません。


児童福祉司 一貫田逸子 ネタバレまとめページへ戻る




こちらも合わせて読みたい
【一般】タブーを犯した女達~鬼畜~





Copyright © 児童福祉司 一貫田逸子 | ネタバレして御免なさい! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。